装置について

装置についてOrthodontics Equipment

審美ワイヤー、ブラケット(樹脂性・セラミック製などの目立ちにくいブラケット)

当院は審美ブラケットをメインに扱っています。

審美ワイヤー、ブラケット

審美ブラケットとは透明か乳白色の目立ちにくい色のブラケットです。製品によって材料が異なり、樹脂製(プラスチック)やセラミック製などがあります。

メタルブラケットと同様に多くの種類の不正咬合に対応することができます。

透明や歯の色に近いブラケットのため、装置がメタルブラケットよりも目立ちにくいのが特徴です。 非金属製のブラケットは金属アレルギーの方でも治療が可能です。

多くの不正咬合の種類に対応することができます。
歯の色に近い白いブラケットのため、装置がメタルブラケットよりも目立ちにくいです。
また、金属アレルギーの方でも治療が可能です。

リンガルワイヤー、ブラケット(舌側矯正装置・裏側矯正装置)

審美ワイヤー、ブラケット

通常、歯の表側に付ける装置を、歯の裏側に矯正装置を装着し歯並びを改善する方法です。

歯の裏側に矯正装置をつけるので、表側からは矯正装置が見えづらく、周囲の人から気付かれずに矯正治療を行うことができます。

マウスピース矯正(見えない矯正・クリスタル矯正)

審美ワイヤー、ブラケット

透明のマウスピース型の矯正装置です。歯科医師が立てた治療計画に基づき、カスタムメードされたマウスピースを2週間に1度交換して行くことにより歯を徐々に歯を徐々に移動させて矯正する治療法です。ワイヤーを使用しないため、従来の矯正器具に比べると見た目が透明で目立たない為、つけているのがわかりにくいのが特徴です。

メリットとデメリット
  • メリット

    矯正装置が透明なので、装着していても目立ちません。食事も歯磨きも矯正装置を取り外して行うことが出来ます。さらに、同時にホワイトニングも行えます。

  • デメリット

    患者様自身に脱着していただくものなので、使用時間が少ないと治療が進まないことがあります。

TEL 078-251-2039
Web予約はこちら

Copyright © HAT Kobe Ortho Dental Clonic. All Right Reserved.